教育施設向け電力予測パッケージ

教育施設向け電力予測サービスの提供

街のエネルギー

地球温暖化への対策、また、震災の影響もあり省エネ活動はますます盛んになっています。もちろん、皆さんの街も例外ではないでしょう。

これまでどのような省エネ活動を実施されましたか。どのくらいの投資が行われましたか。その効果は期待した通りの結果ですか。投資の回収は計画通りに進んでいますか。

省エネ活動が上手く行っている

地球温暖化対策や震災の影響によって、新しい機器の導入や設備工事の有無に関わらず多くの施設では省エネ活動によってそのエネルギー使用量が減少傾向にあります。それにも関わらず、投資回収期間の試算では前年同月の値やその平均値が投資後の期待値と比較されるケースが多くみられます。

このような場合、減少傾向にあることを無視して投資の成果を過大に評価している可能性があります。

省エネ活動が上手く行っていないかも

その原因はなんですか。

また、今後の動向は見えていますか。計画に追い着くことができそうですか、それともさらに乖離が進みそうですか。

省エネ活動で何が起こっているのか

1. 誤った数値による誤解

前年同月の値やその平均値は非常に単純で馴染みやすい数値ですが前述したように現状には適した値とは言えません。また、新しい機器の導入や設備工事の効果を過大に評価することになり悪意をもって利用される可能性も否定できません。

2. わかりやすい定量化ができない

では、どのようにすれば正しい評価をすることができるのでしょうか

それには、より現状を反映した値を比較の対象として利用する必要があります。この値は統計分析によって取得することができます。

問い合わせ先

LN SQUARE 統計分析係

ファイスブック ツイッター